高級料理のレストラン

 但馬牛は審査を通れば神戸牛にグレードアップする。神戸のレストランで使われている但馬牛は、殆ど神戸牛という名前が付いている。グレードアップということは、値段もそれなりであり、神戸牛を使った高級なレストランも神戸界隈には多数存在する。とは言え、神戸牛を使っているから高級レストラン、ではない。

 高級レストランは神戸牛に限らず、厳選した食材やビンテージのワインを用意している。ファミリーレストランのように気軽に入り、のんびりと寛げるような空気ではない。慣れていないと空気に飲まれてしまうかもしれない。(実際飲まれたことがある。固まった)

 が、神戸の高級レストランは確かに一度は行く価値があるかもしれない。確かな味の料理を提供してくれるので、払った分だけ満足は得られる。それに、神戸牛はレベルの高い牛肉であるだけに、美味しくないはずがない。

 こういった高級レストランは、高級なホテルに併設されているか、都会から離れた一画にポツリと存在しているか、はたまた繁華街の中にどんと構えているか。立地は様々。従来のレストランとは変わらない。見分け方はメニューの値段と、その外観だろう。特にレトロな洋館のような佇まいだったら、高級さを感じられるかもしれない。(その作り=高級レストランと限ったわけではないが)